ファシリテーション勉強会

【担当者】木村 彩子 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻 修士2年
【場所】本郷キャンパス 第2本部棟
【日時】 2007年6月30日 14時〜16時


【勉強会の趣旨】

(1) 2月に星越、木村が参加したYDP-Japanが主催した講座、第2回ナレッジマーケット「グループファシリテーションメソッドの概要」のフィードバック
(2) 7月末のICA主催「時代に対応するファシリテーター養成講座」への受講者派遣に向けた告知、準備。
(3) (1)、(2)のための、ファシリテーション勉強会


【流れ】

(1) はじめに 今日の流れ 目的 
(2) YDPのファシリテーション講座の報告
(3) ファシリテーション概論 勉強会
(4) ファシリテーションのWG応用可能性とICA派遣について
(5) ワークショップ
 @「ICA派遣の問題点は?」
 A「問題点の解決方法は?」
(6) おわりに 感想

【感想・残された疑問】

  • ファシリテーションの定義が未だ曖昧
  • ファシリテーションとリーダーシップとマネジメントとの関係性(並列か独立か?)
  • ファシリテーションが求められる背景・経緯、ファシリテーションの意義が不明確
     ex)  ヒエラルキー型組織 → トップダウン、ボトムアップ
    ネットワーク型組織 → ファシリテーション
     ex)  従来の教育 → 「教える側」から「教わる側」への一方通行
         「共育」 → ファシリテーション
  • 各「ファシリテーション」の発祥、系譜、理論体系のまとめが必要(系譜がいくつかある。)
  • 堀公俊のファシリテーション理論(「問題解決型ファシリテーション」)の検討
     ex) スキルの分類・整理は妥当か?
     ・・・など